立ち上げ方

アクアリウムの立ち上げ【準備編~その6~】役立つグッズ集!

【初心者が1から始めるアクアリウム】がテーマのこのブログ。

自然の風景をつくって、生き物を育てるっていいですよね。

これからアクアリウムを始めたい!という方の参考になれば幸いです。

 

前回の続きで、準備編~その6~です。

準備編~その5~をご覧になっていない方は、まずそちらからご覧ください

アクアリウムの立ち上げ【準備編~その5~】照明を用意しよう!【初心者が1から始めるアクアリウム】がテーマのこのブログ。 自然の風景をつくって、生き物を育てるっていいですよね。 これから...

アクアリウムを始めるのに役立つグッズを紹介します

準備編のその1からその5までは、必ず必要なものを紹介しました。

ここからは、あると便利なものをご紹介します。

無くてもなんとかなりますが、あった方が効率的ですし、しっかりと環境を整えることができますので、最初のうちに用意しておきましょう。

バケツ

ダイソーのバケツ

水替えや、魚の一時移動先として、バケツがあったほうがいいです。

というよりも必需品です。

100均で買えますので、買っておきましょう。

 

熱帯魚用の網

ジェックス やさしいネット

熱帯魚を移動させたり、ゴミをすくったりするのに必要です。

飼育する熱帯魚によって、網の目の大きさが変わってきますので、合ったものを買いましょう。

 

わたしが購入したのは、稚魚にも優しい柔らかなメッシュのものです。

30cm水槽なので、入れる魚も小型になることが想定されます。

それで、目が細かく、体を傷つけない柔らかい物にしました。

 

水温計

ジェックス クリスタル水温計S

水槽内の温度を一定に保つため、ヒーターを入れることを準備編~その3~でご紹介しました。

ヒーターの設定温度を信用したいところですが、やはり水温計でしっかりと確認することが大切です。

温度によって、魚の体調が悪化することがあります。

温度計で、水温を目視するようにしましょう。

 

わたしが購入したのは、小型水槽にもぴったりな小さい物です。

キスゴムで簡単に取り付けることができます。

 

バクテリア

ジェックス 高濃度バクテリア

準備編~その2~では、ろ過器についてご紹介しました。

ろ過器には、水をきれいにするためのフィルターがあり、そこにバクテリアを定着させて、汚れを分解し、綺麗にする役割があります。

このバクテリアを入れよう!というのが上記の商品です。

お手軽に、最初の立ち上げの時の環境を整えることができます。

このバクテリアを定着させる別の方法として、

  • 空気中に舞っているものなどが、自然に水槽に入り、定着する

というものがあります。

 

どの家庭でも、空気中にはバクテリアが舞っており、その家庭その家庭の環境というものがあります。

それが定着するのを待つわけですね。

 

ただし、この方法は時間がかかります

水槽に水を張ってから、魚を入れるまでに一週間以上かかりますので、素直にバクテリア商品を入れましょう。

 

底砂や底床

ジェックス ピュアソイル ブラック

熱帯魚と一緒に水草も育てたいと思うなら、底床が必要になります。

底床にはいくつかの種類があります

  • ソイル
  • 砂や砂利
  • 大磯砂
  • セラミック

 

この中で、おすすめはソイルです!

ソイルは、土を低温焼成して作られており、水を綺麗にしてくれる働きを持っていたり、水草の生育に必要な栄養素を持っていたりします。

わたしが購入したジェックス ピュアソイル ブラックも、「ろ過する砂」とデカデカと書かれていますね。

 

レイアウト的にも、黒いソイルが敷かれているとグッと締まりますので、是非ソイルを床に敷きましょう。

 

アクアリウムに役立つグッズまとめ

アクアリウムの立ち上げ【準備編~その6~】として、役立つグッズをご紹介しました。

  • バケツ
  • 熱帯魚用の網
  • 水温計
  • バクテリア
  • 底砂や底床

このあたりは必ず必要になってきますので、最初のうちに用意しておきましょう。

 

では、ついに水槽のセッティングです!