立ち上げ方

アクアリウムの立ち上げ【準備編~その1~】水槽を用意しよう!

【初心者が1から始めるアクアリウム】がテーマのこのブログ。

自然の風景をつくって、生き物を育てるっていいですよね。

これからアクアリウムを始めたい!という方の参考になれば幸いです。

 

まずは準備編~その1~です。

まずは、水槽を用意しよう!

まず始めに準備したいのは「水槽」です。

大きさはいろいろありますが、今回は30cm水槽を用意しました。

 

一般的に、初心者は60cm水槽がいいと言われています。

理由は、水質が変化しにくく、こまめなお手入れが30cm水槽ほど必要ではないからです。

ただ、

  • 設置場所をそんなに取れない
  • まずは気軽に始めてみたい!

という方もいらっしゃると思います。

そんな方には、30cm水槽をおすすめします。

ガラス水槽の中には、縁があるものと無いものがあります。

縁が無いほうが見栄えがいいので、縁なしがおすすめです。

大きさを選ぶ時の、もう一つのポイント

水槽の大きさを選ぶに当たって、設置場所を考慮されると思いますが、大事な点がもう一つあります。

それは、どんなアクアリウムにしたいかです。

 

30cm水槽だと、メダカやネオンテトラなどの大きさで、15-20匹が飼育できる数です。

体長の大きな魚を飼いたいとなると、さらにその匹数は減ります。

 

ですから、もっと沢山の熱帯魚を飼いたい!

30匹、40匹、50匹と、いろいろな種類の熱帯魚を飼いたい!

という方には、30cm水槽はおすすめしません。

もう少し大きな60cm水槽をおすすめします。

 

最終的にどんな水槽を造りたいかを、ざっくりで大丈夫なのでイメージして水槽を選びましょう。

慣れてきたら、大きな水槽にして魚の種類や匹数を増やしてもいいですね。

ガラス水槽とアクリル水槽のどっちを選べばいい?

水槽の大きさの他に、材質を選ぶ必要があります。

【ガラス水槽】【アクリル水槽】かです。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、ご紹介します。

ガラス水槽

メリット

  • 強度が高いので、傷がつきにくく、クリアに見ることができる
  • 強度が高いので、変形しない。漏水の心配がほぼない
  • 小型水槽であれば、アクリル水槽よりも値段が安い

デメリット

  • 衝撃があったときに、破損しやすい
  • アクリル水槽よりも、重い
  • 大型水槽だと、アクリル水槽よりも値段が高い

アクリル水槽

メリット

  • 衝撃に強く、割れにくい
  • ガラス水槽に比べて、軽い
  • 大型水槽だと、ガラス水槽よりも値段が安い

デメリット

  • 強度が低いので、傷がつきやすく、後々クリアに見えなくなることもある
  • 温度変化に弱く、変形しやすい

 

以上の点を考慮して、ガラス水槽にするのか、アクリル水槽にするのか決定しましょう。

今回、私が選んだのはガラス水槽です。

今はガラス水槽が主流のようですね。

 

30cmの小型水槽なので、重さもほとんど気になりませんでした。

30cm水槽なら、水を入れても大体10-12kgぐらいです。

 

水槽の選び方まとめ

アクアリウムの立ち上げ【準備編~その1~】として、水槽の選び方をご紹介しました。

初めての方が、お手軽に立ち上げたいのであれば

  • 材質はガラス製で
  • 大きさは30cm
  • 縁がないもの

を選びましょう。

引き続き、準備編として最初に揃えたい物をご紹介していきます。

アクアリウムの立ち上げ【準備編~その2~】ろ過器を用意しよう!【初心者が1から始めるアクアリウム】がテーマのこのブログ。 自然の風景をつくって、生き物を育てるっていいですよね。 これから...